メニュー


良いお墓の建て方

お家の宗旨に則する
浄土真宗→南無阿彌陀佛の名号碑にする。
(五輪塔や地蔵尊墓を絶対に立てない)
葬式を家の宗旨に応じて執り行い、戒名も付けて法事も行ないます。
お墓や仏壇も宗旨に添わなければなりません。
お写経を奉納する
浄土真宗→正信偈
日蓮宗→寿量品
真言宗→般若心経
浄土宗→一枚起請文
お寺様が読経供養されるお経を和紙に写して石棺内へ奉安します。
お経がプレゼントされていないお墓なんて値打ちがありません。
お骨を土へ還す
骨壺のまま納めるものではない。
お骨を土へ還す目的で火葬骨にしています。
土へ還すただそれだけの為に高額な墓地墓石を買っています。
棚を設けて保管してはなりません。
壺のまま置けば良いのであれば家の仏壇で良いはずです
戒名を墓石(仏石)へ刻む
南無阿彌陀佛(宗旨によっては南無妙法蓮華経であったり
南無釋迦牟尼佛であったり変わります)と刻んでお迎えをした仏石に、
故人の戒名を刻んで佛と一体化することが建墓供養の第一義です。
お墓はもとより、お家の仏壇と神棚にも気を配っています。
   お仏壇は正しく祀られていますか?
八宗兼学の仏壇でも結構ですが、家宗旨に則して正しく合わせる事こそ基本です。
座布団の置き方→折り目が有る方が前で仏壇側に置きます。
位牌の置き方 →向って右が上座ですから、古い位牌を向って右から並べます。
香炉の置き方 →足が三本あります、その内の一本が正面に来ます。
神棚は正しく祀られていますか?
注連縄の掛け方→向って右は上座ですから太くて向かって左を細くします
御札の置き方 →中央に天照大神、向って右の上座に氏神、向かって左が個人崇敬の御札。
真榊の置き方 →神様が居られる証拠として鏡と勾玉と剣を掛けます。
         神様が居られるならば五色の幡(四神)で守護しなければなりません。
千木の置き方 →伊勢神宮の内宮を示しますから千木の上部が水平です。
浄土真宗では絶対に五輪塔を立ててはダメです
まして、有りもしない梵字を刻んだり霊や魂の文字を使用してはダメなのです。
五輪塔、地蔵尊墓、宝篋印塔、全て有りません。
有るのは唯一『南無阿彌陀佛』と刻んだ名号碑のみなのです。
まして『◎◎家之墓』などの偶像を崇拝する事は絶対禁句なのです。
ただただ、阿弥陀様に帰依して名号を称えなければなりません。
灯篭のロウソクを立てる『火袋』に注目をして下さい
向って右に『太陽』が刻まれて、向って左に『月』が刻まれていますか?。
そこの石屋さんが正しく施工を考えて下さるのか否かのレベルを知る手掛かりになります。
薬師寺の本尊様の向右に在るのが『日光菩薩』で向左に在るのが『月光菩薩』なのです。
正しく設置をして、昼も夜も明かりが輝く墓地に荘厳して欲しいのです。
リンクします。ご覧ください
             
 

▲pagetop